探偵と警察はどのように違うでしょうか

Posted by & filed under .

警察の場合は、皆さんも良くご存じのように、公的機関であり、探偵は民間人ですので、探偵は刑事事件に関与することはできません。つまり警察の主な業務は、刑事事件を取扱い犯罪性のある事件を主に取り扱い、犯人を拘束したり、起訴したりしますが、探偵業の場合は、民事事件を取り扱います。

警察の場合は民事不介入の原則というものがあり、原則として、民事事件には介入できませんから、その民事関係を探偵業が取り扱うということになっています。探偵業の場合は、パートナーの不貞行為の証拠収集を主な目的とした調査。離婚を有利に進める為などに依頼されるケース。 家出した家族や、恩人・知人・初恋の人などの所在調査。債務者探しなどもこれに当てはまります。 そのほかには、盗聴器の有無を調査したり、中には、盗聴器発見器のレンタルを行っている企業もあります。特に最近テレビなどで問題になっています女性に対する迷惑な行為が大きな事件などに発展することがありますが、ストーカー対策を警察にしても、刑事事件にならない限りは取り締まりをしてくれませんから、そこで探偵業者がストーカーの所在、行動を詳しく調査したりして、証拠を押さえることで、刑事事件を事前に防ぐことができます。 浮気調査なら原一探偵事務所の電話無料相談/評判と口コミ